「大丈夫」が大丈夫?マイホームを買うきっかけになったのは、東日本大震災。

東日本とは程遠い地方に住んでいるが、東海地震がもし発生するようなことがあれば、アパートが沈む可能性があった。

そこで、妻と話し合った結果、アパートからアパートに引っ越すよりも、いっそのことマイホームを買おうか。という軽い感じから購入が決まりました。

年収的には贅沢をしなければ十分生活できる範囲の金額で購入しようとしていたのですが、あれよあれよと、予定金額よりも400万円オーバー。

間取りや外構工事から極力予算を抑えようとしていましたが、妻は「せっかく買うのであれば、こだわりたい」の一心。ここは我慢の一心。私は「大丈夫だな」と妥協したのである。

「人生我慢」結果的には、お小遣い1万円カット、会社までの通勤距離1時間増加、家族との時間が減る、といったデメリットを目の当たりにした。それと代償にマイホームを建てられた。

家を購入する際は、年収に合った予算、親の援助、新築でなく、リノベーションも考慮するといったいろいろな角度から判断しないといけない。

ただ、私は、このマイホーム購入をしたおかげで、男としての修行を積めていると思う。そう・・・男の修行は「我慢」である・・・と悟ったようにしている。