学生時代、夏休みに青春18切符を使い、1人で放浪した時の話です。

直前にバイトも辞め、時間の余裕もありました。出来るだけ長く旅を続けたかったのですが、宿泊費やパチンコで負けた事もあり、1週間で予算の10万が尽きました。

切符が残り2回分と2千円位残っていたので、安いネカフェに泊まれば、次の日には家に帰る事が出来たのですが、旅を続けたかったのです。

旅先でキャッシングの申し込みを出来ないだろうか? 今いる場所の近くに、ひと月前に完済した消費者金融の本社があったので、まず地元の店舗に電話をしました。

長く付き合いがあった店舗です旅先でお金に困っている事、印鑑と学生証は持っている事、他社の借入はない事も伝えました。

30分後に折り返しの電話があり、「10万迄なら大丈夫なので、近くの指定した店舗に行ってください、事情は伝えときます」と言われ、小さくガッツポーズしました。

旅を続けられる事、旅先でまたパチンコが出来る事が嬉しかったのです。1時間後、電話で教えてもらった店舗に着き、名前を伝えると、様子がおかしい事に気づきました。

そして、窓口の人が地元の店舗に電話をつないでくれました。学校を辞めた可能性も否定できないので、悪いけど、やっぱり無理だと言われたのです。

無理になったのなら、何故電話してくれないのか? バス代だってかかったのに...。

旅先の全く知らない店舗に恥をかきに来ただけだと、腹が立ったのを覚えています。

結局その日は、駅で野宿して、次の日鈍行で家に帰りました。