オンラインショッピングで支払いをしようとした時、ほんのちょっと残高が足りない。

ATMに行くのはめんどくさい。そんな時に銀行のサイトから数クリックでお金を借りられるのが非常に便利で、よく利用しています。

店舗で買い物をした際に手持ちが足らず、連れから借りたりクレジットカードで支払うのと同じように。

「数日中にはコンビニに行くから、ATMから借りた分を入金しよう」と思っていたはずがついつい忘れ、毎月規定の支払日に残高が足りずに督促メールを受けてしまう。

そんなことがよくあります。買い物するときにきちんと残高があれば、借りた後、早いうちに入金しておけばいいだけなのに、サイト上の操作だけでお金を借りているせいなのか金額が少ないからなのか、ついつい忘れてしまいます。

この「忘れてた時間」の分だけ利息や追徴金を損しているわけです。借りた金額も少ないので大した額ではありませんが、塵も積もれば山となる。

また、こんなことを続けていると、いつか大きい金額で同じことをやってしまうかもしれない。そんな不安に襲われることがあります。

手軽で便利なサービスなのですが、実際に財布からお金を出すのとは違って借金しているという認識が甘くなってしまう。

この部分には十分注意して利用したいものです。